お問い合せ
2重焦点鏡
ガラス基板2枚の同焦点と位置合わせに有効


上下(前後)に離れた2点間のマークに個別のピント合わせができ、あたかも同一面にあるように観察できる光学ユニットです。

2点間が接近しているもの、離れているものでも、ご要望に応じて製作できます。

デジタルマイクロメーター利用によるXY軸測定・ワーク上下両面の観察機能の組み込み等、さまざまな応用が利用できます。


主な利用例

1.  ガラスと基盤、ガラスとガラスのマーク印のセンター位置合わせ。

2.  液晶ガラスの張り合わせ前の位置決め。

3.  電子銃の光線軸中心からの傾きの検査・測定。


仕様 (写真例)
光学系

異焦点正立像の2系統、XYテーブル移動量25×25mm、

デジタルマイクロメーター1μm読み取付可
架台の大きさ

300mm×380mm×50mm
TV装置

1/2インチカラーCCDカメラ、10インチカラー液晶モニター
照明装置

50Wハロゲン照明装置、ファイバーライトガイド(各2)



※用途に応じての仕様変更・カスタマイズが経済的にご利用頂けます。





日商精密光学株式会社

Tel:0495−33−2251 Fax:0495−33−2107




HOMEへ戻る

Copyright (C) Nisshooptical CO.,LTD. All Rights Reserved.